So-net無料ブログ作成

【菅内閣発足】新執行部、党運営を次々刷新 「脱小沢」の裏、不協和音(産経新聞)

 菅直人首相と民主党の枝野幸男幹事長は8日、さっそく小沢一郎前幹事長が敷いた政権体制の刷新に乗り出した。「小沢支配」からの脱却を掲げたことが高支持率につながったこともあり、参院選に向けさらに大なたを振るう構えのようだが、「悪役」に仕立てられた小沢氏の支持勢力は収まらない。「変化」をアピールするほど党内の不協和音が広がる構図からはなかなか抜け出すことはできない。(佐々木美恵)

 「政権党である民主党の役員会は、閣議とならんで国政を預かる責任ある場だ。私もできるだけ顔を出したい」

 首相は8日午前、党本部で開かれた党役員会の冒頭で党役員会への出席を明言した。

 鳩山由紀夫前首相は小沢氏に「首相は天下のことをやらなきゃならない。党会合に出ることはない」と言われ、党役員会に出席しなかった。これにより鳩山前首相は党務への発言権が奪われ、「政府与党一元化」と唱えながら、政府と党の分離が進んだ。

 菅首相の発言はこの流れを断ち切る強い意志が込められていた。

 党運営の見直しはさらに続く。枝野幸男幹事長は前政権でめったに開かれなかった政府民主党首脳会議を出席者を幹事長代理クラスまで広げ、定例化する方針だ。幹事長室への陳情一元化も「利権的な誤解を招く部分があった」と見直す考えを示した。

 さらに、枝野氏は首相との連携を密にするため、首相官邸にも党幹事長室を新設する意向を固めた。小沢氏が国会内の幹事長室に陣取り、政府・与党ににらみを利かせたのとは対照的な風景となる。

 廃止された党政策調査会も早期に復活。玄葉光一郎政調会長(公務員制度改革担当相)は「いよいよ再出発だ」と抱負を語った。

 静岡県連など前執行部に批判的な団体・候補に停止されていた活動費は支給再開も決めた。小宮山洋子財務委員長は「へこんでいるところは元に戻す。公平にやる」と表明した。

 党運営方針の相次ぐ刷新は首相や枝野氏の求心力を高めることは間違いないが、小沢氏が権力強化に向けて敷いた制度を見直すことは党執行部の弱体化にもつながる。

 しかも小沢氏ら前執行部のメンツを失わせることにもなる。小沢氏に近い若手は「小沢氏が“無血開城”したのには理由がある」と語り、さっそく参院選後の報復をにおわせた。

【関連記事】
小沢、枝野両氏が9日に会談
郵政「改悪」で国民負担年2兆円
副大臣人事など決まる 首相補佐官、新たに寺田氏ら
菅内閣 平均年齢59歳、政経塾出身者3人も
民主新執行部 党運営刷新で「脱小沢」アピール
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

<前原誠司国交相>都市間高速無料化、実験で判断(毎日新聞)
<大野市長選>岡田氏が再選 福井(毎日新聞)
口蹄疫 菅首相が宮崎入り 畜産農家で消毒作業視察(毎日新聞)
亀井郵政相 辞任を閣議決定…後任は国民新・自見氏で調整(毎日新聞)
両陛下が岐阜で「海づくり大会」ご出席(産経新聞)

<都条例>性的漫画の販売規制…改正案否決の公算大(毎日新聞)

 18歳未満として描かれたキャラクターの性的行為を描いた漫画の18歳未満への販売を規制する東京都青少年健全育成条例改正案について、都議会民主党と生活者ネットワークは28日、改正案の撤回を都に申し入れた。両会派は「改正案は問題点が多い。一度『更地』に戻し、議会と都が議論してより良い条例とすべきだ」と主張。都は撤回に応じない方針のため、改正案は6月の定例会で否決される公算が大きくなった。【真野森作】

【関連ニュース】
わいせつ:逮捕の警部補、捜査資料を悪用か 新潟
淫行容疑:保育士を逮捕 愛知県警
漫画家:「東京都の青少年改正案」に反対 創作活動を萎縮
石原都知事:性的漫画販売規制の条例案…「文言修正を」
東京都条例改正案:性的漫画規制、民主が反対方針

鳩山政権継続に理解を=枝野刷新相(時事通信)
福島党首、普天間対応めぐり「党内分裂は考えられない」(産経新聞)
カップル喫茶を摘発、プレイルームでわいせつ行為(読売新聞)
アレフの被害弁済、20億円残=追加支払いは360万円−オウム事件
<雑記帳>サッカー日本代表応援カクテル考案 宇都宮のバー(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。