So-net無料ブログ作成
検索選択

コウノトリのヒナ、今年初めて孵化 兵庫・豊岡(産経新聞)

 兵庫県立コウノトリの郷公園(豊岡市)は27日、同市百合地地区の人工巣塔で、放鳥コウノトリが産卵した6個のうち、ひな2羽の誕生を確認した。孵化(ふか)は今年初めてで、4年連続の成功。巣立ちは早ければ5月末になるという。

 親鳥2羽は、いずれも平成18年に同市河谷地区で放鳥された雄(現在9歳)と雌(同11歳)。翌19年にはつがいになり、毎年ひなを誕生させている。

 2月23日に6個の産卵、3月20日には巣外へ卵の殻らしきものを出しているのがわかり、同公園職員が27日、高所作業車に乗って孵化を確認。さらに死んだひな1羽や、ひび割れた卵を発見したが、残りの卵2個はなくなっていた。

【関連記事】
総移動距離は約3500キロに 兵庫のコウノトリ
コウノトリの幼鳥死ぬ 石川のため池で発見
脱走騒動その後…あのアフリカハゲコウが福の神に 経済効果絶大?
「トキには愛を」首相が珍しく?指導力発揮 国家戦略を修正
トキ襲ったのは「テン」 監視カメラに残された大きな鳴き声10回
あれから、15年 地下鉄サリン事件

五輪招致断念 広島市長は苦渋の表情(産経新聞)
夜まで大雪の恐れ 東北(河北新報)
「温暖化基本法」疑問続々 「日本の成長止まる」 中部大・武田教授が指摘(産経新聞)
【暗流 公益法人の闇】黒澤財団、寄付金流用(産経新聞)
子ども手当法が成立=民主主要施策で初、6月から支給(時事通信)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。