So-net無料ブログ作成
検索選択

准教授を停職6カ月=「性的暴行」女性が訴え−大阪大(時事通信)

 大阪大学は24日、研究室で性交渉を疑われる状況をつくったとして、言語文化研究科の50代の男性准教授を停職6カ月の懲戒処分にしたと発表した。元大学院生の女性が「職権を乱用したレイプを受けた」と大学に申告、准教授は「覚えていない」と話しているという。
 阪大によると、准教授は2000年5月、学内で開かれた懇親会の後、当時院生だった女性を研究室に誘った。女性は08年11月、性的暴行を受けたと大学側に手紙で申告。学内調査では暴行の事実は確認されなかったが、阪大は「疑わしい状況をつくり出し、風紀を著しく害した」と判断した。 

【関連ニュース
82例目の脳死移植へ=9カ月ぶり、20代女性が提供

県外移設は困難=首相表明、普天間問題で(時事通信)
横田基地 初の民間機着陸 空中衝突防止会議の開催で(毎日新聞)
平成22年度予算24日に成立 民、自両党が本会議採決で合意(産経新聞)
「たまゆら」運営法人の認証取り消し=理事長ら起訴受け−群馬県(時事通信)
雑記帳 メタボ「月光仮面」が日光PR(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。